主宰プロフィール

ph_fukunaga
主宰 福永正也
1961年生まれ。愛知県にて生まれ、その後兵庫県は芦屋で育つ。大阪大学工学部卒業後、住友重機械工業株式会社に入社し、4年目からコンピュータ・ソフトウエア関連業務に従事。子会社にてソフトウェア企業では珍しい労働組合結成に書記長として参画、労務関連知識とともにいわゆる「人間を見る目」を取得する。
その後、株式会社オージス総研に転職。当時日本では珍しいクラスタ型24時間システム構築に従事。10年あまりのSE従事期間において、上流から下流まで一貫した開発工程を経験するという稀有なキャリアを取得する。
そして、ソフトウェア関連発明の保護に興味を抱き、相談相手である弁護士、弁理士を探すも、そのほとんどが門前払いされるという実状に触発され、自ら弁理士を目指し35歳で特許事務所へ転職。幸運にも37歳で弁理士試験に合格する。
その後、2006年に独立し、まったくの顧客数0(ゼロ)から3年間で30社を超えるクライアントを開拓。自分の過去の歴史をストーリー化し、いわゆる「強み」を正しく伝える戦術に基づく顧客開拓コンサルティングを2009年から本格的に開始する。

本業では、「明細書を500件作成すれば半人前」といわれる特許業界にて、独立までの10年間で明細書を作成した案件は1000件を超え、うち半数以上がソフトウェア関連発明であるという豊富な経験を有し、特許出願が不要な案件に対して「出願しない方がいい」と言い切る数少ない弁理士の一人である。経験に裏打ちされた確かな知財戦略眼とともに、組合活動で得た「人間を見る目」をフルに活用し、企業経営に直結する情報も随時発信している。