士業勉強会「SAMURAI DAMASHII」 in 京都 開催報告

平成23年の士業勉強会「SAMURAI DAMASHII」は、京都での新春企画「あなたのとっておきの一本を見つける方法を教えます!!あなただけのワインと出会う会」からスタートしました!!

 

平成23年1月15日(土) 18:15 少し遅れましたが、開始前からメンバーは盛り上がり気味!いよいよスタートです!
会場は、京都は祇園四条にあるワインバー「空き箱はなれ」  です。白川沿いの隠れ家的なお店。春には桜並木を見ながらお花見ワイン会なんて最高かも! 

http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260201/26016800/dtlmap/

s-IMG_0215

 

近くにあるワインショップピカソさんの直営店で、室内にはワインの木箱のラベルがずらり。座席も木箱を活用という徹底ぶり!!

今回のワインは講師の野中さんが「ピカソ」さんから厳選した7本です!

 

 

 

まず最初はスパークリングワイン。何も知らない私たちは、すぐにシャンペンと言うのですが、それはシャンパーニュ地方のスパークリングワインの俗称だそうです。今回、ご用意させていただいたのは、スペイン産の「カバ(CAVA)・ブリュットNV」

s-IMG_0224

ラベルの「1+1=3」には大きな意味があるんです。それは・・・

 

優秀な農園と、優秀な醸造家とがタッグを組んだんだから、最高のモノができあがるという意味!実際、お酒に弱いと自認する私が一気に飲み干してしまうほど後味がスッキリ!これならOKです(笑)。

 

 

次に登場は、白ワインの王道「ソーヴィニヨン・ブラン」。

s-IMG_0221

 

今回はスペインに近いフランス南部はガスコーニュ地方産のものを。非常に香りが甘く、飲み口もスッキリしつつも、ほんのりと果実の甘みが。辛口ワインが苦手な方にはおすすめかもしれません。

 

 

 

3番目も白ワイン。

s-IMG_0219

「シャルドネ ヴァラエタル」という南米はチリのワイン。自転車のラベルが印象的です!

舌触りが良く、果実感と酸味のバランスが絶妙です。色はやや濃い目でもあり、味も一本目よりは濃厚です。

これが何とコンビニにも置いてあることがあるとか。講師の野中さん曰く、「これを置いてあると、いいセンスしてるな、って感じます」とのこと。本当に味わい深いワインです。

 

そして、最後の白ワイン。

s-IMG_0220

 

私の今日のお気に入りの一本となった「ゲヴァルツトラミネール」。ワイナリーはドイツですが、フランスはアルザス地方のブドウを用いた極上の一品。何よりもフルーティな香りが鮮烈で、ほのかにライチのような香りも。

味も深みのある味であるにもかかわらず、飲めない私でもすっと入ってくる、のど越しの良さ。これもグラスを空けてしまいました!

 

ここから、いよいよ赤ワインに突入です!

s-IMG_0217

 

最初は、イタリアワインである「カサーレ・ヴェッキオ モンテプルチャーノ・ダブルッツォ」。イタリアは南部地方産のブドウで造られたパンチのあるワインです。

 

濃い目の味なんですがくどさがなく、最後にほのかに残る酸味は、好きな人にはたまらないでしょうね。少し写真が悪いのですが、ボトルが「いかり肩」になっているのが特徴だそうです。

 

次は、アメリカンワイン!

s-IMG_0218

アメリカのワインと言うと、まず頭に浮かぶのがカリフォルニア・ワイン

今回は、少し趣向を変えてオレゴン産のワイン「ピノ・ノワール」です!先ほどのワインと比べると、実にスッキリした味。庶民的な味わいの中にも、しっかりとした存在感を主張したワインかも。お国柄が出ているようで非常に興味深い一本です。

 

 

 

そして、本日のトリ。

s-IMG_0216

フランスはボルドー産の「シャトー・モンペラ」です。最後は趣向を変えて、まず一杯飲んでから、開始前からデキャンタに移していたものと飲み比べです。

確かに味が違う!素人の私でもわかります。個人的には、デキャンタに移した方が、口当たりが良く、飲みやすい感じでした(これも飲み干してしまいました)。とても、穏やかで上品な味わいのワインです。

 

 

以上の7本、それぞれの参加者の方が、それぞれ自分のお気に入りを見つけて帰られたようです。私自身、ワインをこれだけ飲んだのも初めてなら、酔わなかったのも初めて(?)。ご希望が多ければ、また開催したいと思います。

 

ちなみに今回ご用意させていただいたワイン、ピカソさん価格で1100円から3200円まで!!お気軽にお試しください!

2011年の「SAMURAI DAMASHII」は新春企画から!!

先日、一周年を迎えた士業勉強会「SAMURAI DAMASHII」。新春のご挨拶として、古都京都にて、ワインを極める会を企画しました。

ワインを極める、といっても一本何十万円ものワインを、というのとは違います(笑)。皆さんの身近にひっそりとたたずんでいる至極の一本、皆さん一人一人にぴったりの一本を見つける会なのです。

とにかく、「美味しい♪」と思ったら、またご自分で買って飲んで頂きたい、そして、「美味いのはやっぱ高いワインだからだよね」と感じてほしくない、というのが基本コンセプトです!

先着12名(12人の使徒みたい・・・)という狭き門に、ぜひ挑戦してみてください!!

士業勉強会「SAMURAI DAMASHII」 in 京都 新春企画!!日時:平成23年1月15日(土) 18:00~20:30(17:30開場)
場所:ワインバー空き箱はなれ(京阪祇園四条駅から徒歩5分)  

「貴方のとっておきの一本を見つける方法を教えます!!
            貴方だけのワインと出会う会 」

 

http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260201/26016800/dtlmap/

主催:士業勉強会「SAMURAI DAMASHII」

【参加できる方】
 士業に携わっていらっしゃる先生方に限定しません。今までお世話になった方を含めて、「新たなことを経験するのが好きな方」、「好奇心旺盛な方」、「ワインをこよなく愛する方」、「京都を愛する方」など、どなたでもOKです。

■当日のスケジュール

★(プレ企画)

17時前にご参集いただいた方々の中で2名様に限り、ワイン買い出しに同行可能です!プロが、ワインのどこを見て、どのように購入するのか、一部始終をその目でご覧になることができます!

★(メイン企画)

  ・ワインをテイスティングしながら、ワインの楽しみ方、選び方等を学びます。「ワインは飲んでなんぼ」の世界!耳学問ではなく、実際に確かめながら学ぶことができる数少ない機会です!もちろん、悪酔い予防に食べモノも豊富!ワインに合った食事を楽しみながら、あなただけの一本を一緒に見つけましょう!

■講師プロフィール

■ 野中健吾氏

s-p61974年生まれ。
経営コンサルティング会社に就職。京都に移住。
より技術的&一般マーケット向けの仕事がしたくなり、プログラマーとしてソフト開発会社に転職。現在に至る。

2007年の正月にマカオへ旅行へ行った際に出会ったポートワイン(ポルトガル産の甘いワイン)の味に衝撃を受け、月々の娯楽費やボーナスのほぼ全てをワイン関連に投入。世界各国各地、各種のワインを飲みながら、ワインの飲み方を伝道中。

2010年10月、日本ソムリエ協会公認ワインエキスパート資格取得。

同じく、チーズプロフェッショナル協会チーズ検定に合格。 「コムラード・オブ・チーズ」に認定される。

http://ameblo.jp/winebaizou

 

 

【参加費】 7000円

 お支払は、申し込み確認メール受信後、申し込み確認メールに記載してある指定口座へお振込みください。
 お振込みを確認した時点で、参加意思の確認とさせていただきます。なお、1月13日以降の参加キャンセルについてはご返金できませんので、予めご了承ください。

【定員】 先着12名様
【ドレスコード】 普段着ている服装でOKです。

【参加連絡方法】

 下記「新春企画申し込みフォーム 」から、必要事項をご記入の上、お申し込みください。

   https://sec16.alpha-lt.net/hokusetsu-ip.com/ceminar3.htm

なお、プレ企画に参加されたい方は、メッセージ欄に必ずその旨をご記載ください!

これも先着順です!!

  申し込み締め切り:平成23年1月13日(木曜日) 午後5時まで

【キャンセルの場合】

 キャンセルの場合は、必ず

   samurai.soul-cancel@it-property.jp

 までご連絡願います。